施設からのお知らせ

2020.10.15 第5回小郡ふるさと歴史検定(後期)を実施します!
9月の検定にはたくさんのご参加ありがとうございました。今回もみなさんのチャレンジをお待ちしています。日 時:2020年12月6日(日)    午前10時00分~ 解答時間は60分間   *全解答三択式の【小・中学生編】と     解答記入式・一部三択式の【一般編】を同時に実施会 場:第1会場~小郡市埋蔵文化財調査センター(研修室)    第2会場~小郡市生涯学習センター(市民ギャラリー)定 員:第1会場・第2会場あわせて60名(先着順)参加費:無料    ※参加賞として「つこっコクッキー」を進呈出 題:『ふるさと小郡のあゆみ』改訂版から50問出題    ※本は持ち込み可   『ふるさと小郡のあゆみ』改訂版は埋文センターにて1000円で販売合 格:50問中40問以上正解    合格者にはつこっコ学芸員認定証・合格証明証を交付特 典:合格した翌年度埋文ものつくり講座材料代2回分    または2人分が無料    通算3期合格すると銀色に輝くミニ多鈕細文鏡つくりが無料    通算4期以降もバスツアー招待など特典有結 果:すべての参加者に結果をお返しします事前講座:11月15日(日)午前10:00~検定勉強会をします 申込方法:10月15日以降申込先に電話するか     または申込票をFAXでお送りください申込先:小郡市埋蔵文化財調査センター     ☎ 0942-75-7555 FAX 0942-75-2777
2020.10.05 市指定有形文化財「平田家住宅」で『近代の小郡町 -平田家の所蔵品から-』展を開催します!
江戸時代前期に、小郡町の町立に関わったと伝えられる一人に、田中宗易がいます。その関係者たちは、近世・近代を通して、製蝋業、醸造業、酒造業、金融業などを営み、小郡町の発展に寄与してきました。平田家もその一つで、市指定有形文化財「平田家住宅」、国登録記念物「平田氏庭園」と、そこに伝わってきた品々をとおして、近代の小郡町の様子を紹介します。〇会場 小郡市指定有形文化財「平田家住宅」(小郡市小郡)〇展示品概要 平田家の所蔵品から近代の小郡町の様子がわかる資料を展示します。〇期間 令和2年10月20日(火)~11月1日(日)  開館9時~16時30分(入館は16時まで)、10月26日(月)は休館〇入場無料〇お問合せ 小郡市埋蔵文化財調査センター     (Tel.0942-75-7555、FAX.0942-75-2777)
2020.09.05 特別展「歴史のなかの植物」を開催します!
私たち人類の生活のそばには、いつも植物がありました。その長い歴史のなかで、人びとは住む家、身を守るために着るもの、食べるもの、生活を豊かにするものなど、あらゆる場面で植物を利用してきました。小郡で営まれてきた人びとの暮らしの歴史と、そのなかで使われてきた植物の関係をテーマにした展示を開催しています。会期:9月5日(土)~11月29日(日)開館時間:9:00~16:30    (最終入館 16:30まで)休館日:毎月第3日・月曜日【記念イベント;「現代の材料で草履をつくる」】 ※こちらのイベントは事前申込制を取らせていただきます開催日:11月14日(土)13:30~15:00会場:小郡市埋蔵文化財調査センター 新館研修室定員:20名(事前申込制、先着順に受付します)お申込電話またはファクスに住所、氏名、電話番号を明記してお申込みください。定員に達し次第、受付を終了します。※※ご注意ください!!※※当日は、足を使用して草履をつくりますので、ズボンを着用の上、ご参加ください。また、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、マスクの着用をお願いします。会場への入場はご参加の方のみでお願いします。 お問い合わせ・お申し込み:小郡市埋蔵文化財調査センター(0942-75-7555/ファクス0942-75-2777)
2020.07.09 【指定文化財】小郡にある「みんなの宝物」を紹介します!(その2)
小郡市には、「”みんなの宝物”として、大事にまもっていこう!」という意味をこめて、『文化財』に指定されているものがあります。どんなところに、どんな文化財があるのか、地中から見つかった「考古遺物(こうこいぶつ)」と小郡市指定の史跡全部で6つと、それにまつわる物語をしょうかいします。*このリーフレットは、埋蔵文化財調査センターと小郡イオン内のおごおり情報プラザにおいてあります。
2020.07.09 【指定文化財】小郡にある「みんなの宝物」を紹介します!(その1)
小郡市には、「”みんなの宝物”として、大事にまもっていこう!」という意味をこめて、『文化財』に指定されているものがあります。どんなところに、どんな文化財があるのか、国と福岡県の文化財に指定された4つの史跡とそれにまつわる物語をしょうかいします。*このリーフレットは、埋蔵文化財調査センターと小郡イオン内のおごおり情報プラザにおいてあります。
2020.07.08 【のぞみが丘小学校のみなさんへ】「むかし」のこと、調べてみませんか?
のぞみが丘小学校のみなさん、こんにちわ。みなさんのくらしている小郡市では、いろいろな「むかしのくらし」のあとや、「むかしの人びとが使っていた道具」が見つかっています。埋文センターでは、みなさんの小学校の校区にある「むかし」にかかわる場所の地図をしょうかいしています。身近にある「むかし」のこと、調べてみませんか?
2020.07.07 【三国小学校のみなさんへ】「むかし」のこと、調べてみませんか?
三国小学校のみなさん、こんにちわ。みなさんのくらしている小郡市では、いろいろな「むかしのくらし」のあとや、「むかしの人びとが使っていた道具」が見つかっています。埋文センターでは、みなさんの小学校の校区にある「むかし」にかかわる場所の地図をしょうかいしています。身近にある「むかし」のこと、調べてみませんか?
2020.07.06 【東野小学校のみなさんへ】「むかし」のこと、調べてみませんか?
東野小学校のみなさん、こんにちわ。みなさんのくらしている小郡市では、いろいろな「むかしのくらし」のあとや、「むかしの人びとが使っていた道具」が見つかっています。埋文センターでは、みなさんの小学校の校区にある「むかし」にかかわる場所の地図をしょうかいしています。身近にある「むかし」のこと、調べてみませんか?
2020.07.05 【大原小学校のみなさんへ】「むかし」のこと、調べてみませんか?
大原小学校のみなさん、こんにちわ。みなさんのくらしている小郡市では、いろいろな「むかしのくらし」のあとや、「むかしの人びとが使っていた道具」が見つかっています。埋文センターでは、みなさんの小学校の校区にある「むかし」にかかわる場所の地図をしょうかいしています。身近にある「むかし」のこと、調べてみませんか?
2020.07.04 【小郡小学校のみなさんへ】「むかし」のこと、調べてみませんか?
小郡小学校のみなさん、こんにちわ。みなさんのくらしている小郡市では、いろいろな「むかしのくらし」のあとや、「むかしの人びとが使っていた道具」が見つかっています。埋文センターでは、みなさんの小学校の校区にある「むかし」にかかわる場所の地図をしょうかいしています。身近にある「むかし」のこと、調べてみませんか?
2020.07.03 【立石小学校のみなさんへ】「むかし」のこと、調べてみませんか?
立石小学校のみなさん、こんにちわ。みなさんのくらしている小郡市では、いろいろな「むかしのくらし」のあとや、「むかしの人びとが使っていた道具」が見つかっています。埋文センターでは、みなさんの小学校の校区にある「むかし」にかかわる場所の地図をしょうかいしています。身近にある「むかし」のこと、調べてみませんか?
2020.07.02 【御原小学校のみなさんへ】「むかし」のこと、調べてみませんか?
御原小学校のみなさん、こんにちわ。みなさんのくらしている小郡市では、いろいろな「むかしのくらし」のあとや、「むかしの人びとが使っていた道具」が見つかっています。埋文センターでは、みなさんの小学校の校区にある「むかし」にかかわる場所の地図をしょうかいしています。身近にある「むかし」のこと、調べてみませんか?
2020.07.01 【味坂小学校のみなさんへ】「むかし」のこと、調べてみませんか?
味坂小学校のみなさん、こんにちわ。みなさんのくらしている小郡市では、いろいろな「むかしのくらし」のあとや、「むかしの人びとが使っていた道具」が見つかっています。埋文センターでは、みなさんの小学校の校区にある「むかし」にかかわる場所の地図をしょうかいしています。身近にある「むかし」のこと、調べてみませんか?
2020.07.01 大募集!第8回「小郡ジュニア歴史博士」
小郡市内や地域の歴史・文化について調べ、まとめた作品を大募集。応募者には全員に参加賞をプレゼントします。☆対象 市内にお住まいの小学生・中学生☆作品 ノート、画用紙、模造紙など手に取って見ることができれば形は自由※応募作品はお返しします。☆応募方法 作品に応募用紙をつけて提出※応募用紙は小郡市埋蔵文化財調査センターに準備☆提出先  小郡市埋蔵文化財調査センターか各小・中学校☆提出締切 11月4日(水)または各学校が指定した日☆表彰 入賞者は令和3年1月23日(土)に表彰します。※緊急事態宣言が発出されるなど、新型コロナウィルス感染症の状況によっては、表彰の仕方が変更になる可能性があります。その場合は入賞者へ個別にお知らせいたします。
2020.05.27 6月1日より一部の利用を再開します!
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、埋蔵文化財調査センター、旧松崎旅籠油屋、平田家住宅の3箇所は臨時休館となっていましたが、感染症対策を行った上で、6月1日(月)から一部の利用を再開することとしました。引き続きの感染予防のため、埋蔵文化財調査センターをご利用のみなさまには、下記の対策にご協力をお願いします。また、旧松崎旅籠油屋、平田家住宅をご見学・ご利用の方は別添の「ご利用上の注意」をご確認の上、ご来館をお願いします。【ご来館のすべてのみなさまへ】1)発熱、体調不良の方はご利用をお控えください。2)「利用者連絡カード」へお名前・ご連絡先のご記入をお願いしています。3)マスクの着用、入退館時の手指消毒をお願いします。4)お互いに近接した距離での会話はご遠慮ください。【展示をご見学の方へ】1)展示室内への入場は、一時に10名様までとさせていただきます2)収蔵展示スペースは、当面の間、閉鎖とさせていただきます。【研修室等をご利用の方へ】1)研修室(小)のご利用は最大10名様までとさせていただきます。2)研修室(大)のご利用は、当面の間、中止させていただきます。【資料閲覧及び調査をご希望の方へ】1)館内での資料閲覧及び調査をご希望の際は、事前に電話等にてご連絡くださいますようお願いします。  ご不明な点がありましたら、下記までお問い合わせください。お問い合わせ:小郡市埋蔵文化財調査センター小郡市三沢5147-3 電話:0942-75-7555/Fax:0942-75-2777E-Mail:bunzai@city.ogori.lg.jp
2020.05.26 『小郡市歴史文化基本構想』を策定しました
古くから交通の要衝として栄えた小郡市は、文化遺産の宝庫です。これまで特に重要な文化財は、単体で指定・登録し、保護・継承してきました。しかし、これら文化財の周囲には、それを生み出す基盤となった文化など、さまざまな要素が存在しています。そこで今回、文化財を指定・未指定にかかわらず幅広く関連付けて捉え、「関連文化財群」や「歴史文化保存活用区域」の設定を行い、文化財を総合的かつ的確に保存・活用するための指針となる「小郡市歴史文化基本構想」を策定しました。この構想を、ふるさとの魅力あるまちづくりへとつなげることが目標です。*『小郡市歴史文化基本構想』は下記のページでご覧いただけます。 (小郡市公式ホームページ)https://www.city.ogori.fukuoka.jp/204/273/4678
2017.03.22 『ふるさと小郡のあゆみ』のHP公開について
『ふるさと小郡のあゆみ』は、『小郡市史』の内容をもとに小郡の歴史や民俗などを、写真やイラストなどを豊富に使い、小・中学生にも分かりやすくまとめたものです。オールカラーで、市史より少し大きいB5サイズの230ページ。見やすいようにほとんどが見開き2ページで1項目となっています。各項目が『小郡市史』のどの部分に対応するか記載しています。より詳しい内容をお知りになりたい方は、『小郡市史』を併せてご覧ください。『ふるさと小郡のあゆみ』は、市立小学6年生に配付しており学校でも活用されています。また、平成28年から始まった「小郡ふるさと歴史検定」は『ふるさと小郡のあゆみ』から出題されています。販売価格 1,000円(税込)■ 販売場所 販売場所:小郡市埋蔵文化財調査センター 郵送の場合は別途送料がかかります。※在庫がなくなり次第販売は終了となります。 予告等はありませんのでご了承ください。■公開リンク下記のアドレスで『ふるさと小郡のあゆみ』PDF版をご覧いただけます。(アドレスをコピーしてご利用ください) city-ogori-dev.d-emotion.com/ogoriayumi/files/assets/basic-html/index.html#1 上記のPDFデータは「小郡市ホームページ」(ホーム>学ぶ・スポーツ・人権>文化財>『ふるさと小郡のあゆみ』のご案内) からでもご覧いただけます。 なお、無断転載・コピー等を禁じます。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
古代体験館おごおり[小郡市埋蔵文化財調査センター] 〒838-0106 福岡県小郡市三沢 5147-3 電話0942-75-7555
※このサイトで公開されている画像、文章の無断転載を禁じます。資料や画像につきましては、小郡市埋蔵文化財調査センターまでお問い合わせください。
Copyright ©  Ogori City Archaeological Research Center