施設からのお知らせ

2021.01.14 【中止のお知らせ】冬のものつくり講座『クラフトテープで縄文ポシェットつくり』の中止について
1月13日に発令された福岡県への緊急時代宣言を受けて新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、1月30日(土)に予定していた下記のイベントは中止といたします。誠に申し訳ありませんが、ご了承ください。冬のものつくり講座『クラフトテープで縄文ポシェットつくり』日  時: 1月30日(土)午前10時~正午頃
2020.11.16 古代体験!冬のものつくり講座を開催します!
古代の人びとの技や知恵が体験できる、ものつくりの講座を開催します。会 場:埋蔵文化財調査センターその1:鋳型で銅戈つくり [定員15名/参加費500円]12月12日(土) 10:00~12:00その2:クラフトテープで縄文ポシェットつくり [定員15名/参加費100円]1月30日(土) 10:00~12:00その3:鋳型で多鈕細文鏡つくり [定員15名/参加費500円]2月13日(土) 10:00~12:00申込み:電話またはファクスで参加希望の回と    住所、氏名、電話番号を明記してお申込みください。    定員に達し次第、受付を終了します。    *ご参加は小学3年生以上、マスクを着用してご来館ください。    *会場への入場は参加者のみでお願いします。。申込み・お問い合わせ:小郡市埋蔵文化財調査センター      (電話0942-75-7555/ファクス0942ー75ー2777)
2020.05.26 『小郡市歴史文化基本構想』を策定しました
古くから交通の要衝として栄えた小郡市は、文化遺産の宝庫です。これまで特に重要な文化財は、単体で指定・登録し、保護・継承してきました。しかし、これら文化財の周囲には、それを生み出す基盤となった文化など、さまざまな要素が存在しています。そこで今回、文化財を指定・未指定にかかわらず幅広く関連付けて捉え、「関連文化財群」や「歴史文化保存活用区域」の設定を行い、文化財を総合的かつ的確に保存・活用するための指針となる「小郡市歴史文化基本構想」を策定しました。この構想を、ふるさとの魅力あるまちづくりへとつなげることが目標です。*『小郡市歴史文化基本構想』は下記のページでご覧いただけます。 (小郡市公式ホームページ)https://www.city.ogori.fukuoka.jp/204/273/4678
2017.03.22 『ふるさと小郡のあゆみ』のHP公開について
『ふるさと小郡のあゆみ』は、『小郡市史』の内容をもとに小郡の歴史や民俗などを、写真やイラストなどを豊富に使い、小・中学生にも分かりやすくまとめたものです。オールカラーで、市史より少し大きいB5サイズの230ページ。見やすいようにほとんどが見開き2ページで1項目となっています。各項目が『小郡市史』のどの部分に対応するか記載しています。より詳しい内容をお知りになりたい方は、『小郡市史』を併せてご覧ください。『ふるさと小郡のあゆみ』は、市立小学6年生に配付しており学校でも活用されています。また、平成28年から始まった「小郡ふるさと歴史検定」は『ふるさと小郡のあゆみ』から出題されています。販売価格 1,000円(税込)■ 販売場所 販売場所:小郡市埋蔵文化財調査センター 郵送の場合は別途送料がかかります。※在庫がなくなり次第販売は終了となります。 予告等はありませんのでご了承ください。■公開リンク下記のアドレスで『ふるさと小郡のあゆみ』PDF版をご覧いただけます。(アドレスをコピーしてご利用ください) city-ogori-dev.d-emotion.com/ogoriayumi/files/assets/basic-html/index.html#1 上記のPDFデータは「小郡市ホームページ」(ホーム>学ぶ・スポーツ・人権>文化財>『ふるさと小郡のあゆみ』のご案内) からでもご覧いただけます。 なお、無断転載・コピー等を禁じます。
2021年01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2021年02月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
古代体験館おごおり[小郡市埋蔵文化財調査センター] 〒838-0106 福岡県小郡市三沢 5147-3 電話0942-75-7555
※このサイトで公開されている画像、文章の無断転載を禁じます。資料や画像につきましては、小郡市埋蔵文化財調査センターまでお問い合わせください。
Copyright ©  Ogori City Archaeological Research Center